2006年03月13日

プチプロポーズ〜きっかけは…配送屋さん〜

兄夫婦がそろそろ帰ってくるんですが、ちょことちょこと
荷物を送ってくるため。
新居で荷物受け取り番をしています。

M氏(彼氏殿)も一緒に付き合ってくれてます。

「ピーンポーン」
ミサキ:「はぁい」
配送屋:「○○配送でーす」

おぉぉ来た来た
配送屋:「すいません旦那さん手伝ってほしいのですけど」
M氏:「!!!」(顔赤)
ミサキ:「!!!」
M氏:「あーはいはい」

ってなわけで
ちょこっとお手伝いしてもらいました。
配送屋さんが帰ってから

ミサキ:「『旦那さん』っていわれちゃったね」
M氏:「そーだね状況的にそう見えるね」
ミサキ:「ちょっと困った?固まってたでしょ」
M氏:「うーんと。ちょっとわくわくした」
ミサキ:「ん!?どーゆうこと」
M氏:「『旦那さん』っていい響きだなぁって」
ミサキ:「あらそー面白いこと言うね」

M氏:「そーかいいね、ミサキの旦那さんってことで」
ミサキ:「!!!!!!!!」
M氏:「だめかね?軽くプロポーズしてみちった」
ミサキ:「お・・・・・い」

何だか思わぬはなしでかなり動揺。。
M氏:「まぁちゃんと真面目にもそのうちするかなぁ時期は内緒」(ニヤニヤ)

おいおいお預けかよ
何だかよくわからないですが
とりあえずプチ?プレ?プローポーズってことらしい
きっかけは配送屋さんって何だかなぁ〜
でもM氏らしくてよいです。。




posted by ミサキ at 11:31| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | 恋バナ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。