2006年01月24日

ホリエモン擁護・非難に見る世代観

逮捕されちゃいましたねホリエモン(堀江容疑者)
マスコミにインタビューされる一般人の発言
番組内でコメンテーターの発言
そのひとの発言で世代観というか
「変化を容認できるひと」「変化を拒絶するひと」
がくっきり分かれる。

前者の場合
擁護する
「罪は悪いが、ある意味革新的な人物なのでがんばって欲しい」
後者は
完全に非難だけである
「金儲け主義だ、そらみたことか」
選挙に出た頃は文句も言いようがなかったが
ボロが出始めたら全てを否定する。

今回思ったのが今までの経済で「護送船団方式」とか、
グループ内でうやむやにしていたこととかわりがないような気がするが
まぁ罪は罪だ。

あと政治に利用するやり方も気に食わない
選挙に担ぎ出した自民党も
そのことを今回非難している野党も
ばかばかしい。
よほど選挙活動中に覚せい剤売ってるやつのほうがひどい。

お金で買えないものはないとは言えない
ただしお金がないがゆえに失うものは多い
そういうことを言い続けたホリエモンは
正しいと思う。

お金があるがゆえに寄ってくる人がいる
お金がなくなったら泥をかけてさる人がいる

彼が復活したらことさらお金に執着するだろう
その怖さを知っているから。

posted by ミサキ at 16:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 徒然コラム | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

ホリエモン逮捕:賛美論を振り返る
Excerpt:           (「裸の大将」じゃない。ホリエイカロスだよ)  マクベスは、「グラミスの領主、コーダの領主、いずれは王ともなられるお方」という魔女たちの予言を聞いて、王を殺害して自ら玉座に座った..
Weblog: おもしろニュース拾遺
Tracked: 2006-01-24 16:46
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。